Tweeter install


いままで、暫定仕様でツイーターを付属のマウントで取付けていました。
スピーカー購入当初からツイーターのマウントは作ろう思っていましたが、ここへ来てやっと完成する事が出来ました。
とりあえず派手な事も出来ないので、グレーのレザーで仕上る事にして進めます。
デザインも純正チックにして見ましたw


まず最初に、ツイーターの位置を考えながら、ホールソーで穴を開けます。ここは最終的にパテに隠れる部分ですので、あまり悩まずに!
あと、紙やすり(100番くらい?)でパテの足付けをしてから、シリコンオフで脱脂します。
これをしないと、パテの付きが悪くなり後で痛い目にあいます(てか、痛い目にあいましたw)
ベースをツイーターの外周に合わせて5mmのMDFで作成します。そして、ツイーターの向きに気をつけながら割り箸をステー代わりして借り留めします。接着にはホットボンドを使いました。ホットボンドは、角度の修正が利くのでとても便利です。
角度が決まったら車両から取外し、割り箸を骨組みとして固定します。
こんな感じでホットボンドをベタベタと(笑)
次に、ガムテープを細かく切って裏からマスキングします。
マスキングが終わったら、成形用パテ(カーボンファイバーパテ使用)を使って、大間かな形を作っていきます。
ここでは、あと2度ほどパテを盛りました。
パテ盛が終了したら、余分に盛りすぎた部分を削ります。
後で仕上げのパテを盛るので、サンダーで大胆に削っていきます。
大間かな成形が済んだら、仕上げのパテ(ポリパテ)盛りです。
ここは、仕上げのラインに影響するので、何度のラインを修正しながらの作業です。
本当はベルトサンダーでもあれば楽なのでしょうが、そんなものはないので、空き缶に紙やすりを巻き付けチマチマとラインの修正をしました。
出来上がったら、仮付けして干渉部分がないか確認します。
うん!いい感じ(・∀・)ニヤニヤ
ツイーターも仮付け
うん!やっぱりいい感じ(・∀・)ニヤニヤ
ツイーターを取付ける為の台座です。
これも5mmMDFを使用。
その台座を、本体に取付けます。
見えない部分なので、ファイバーパテでベタベタと固定します。
ここまで来たら、最終段階
Aピラーカバーとレザーにスプレーボンドを塗り、各々触ってべた付かなくなってから、お互いを貼り付けます(これ大事)
レザーは大き目にカットして、張込みながら途中で不要な部分をカットしていきます。
曲線部分は、ヒーターガンで熱しながらレザーを引っ張ります。
ちなみに、熱を当てすぎるとレザーの表面が溶けます。
貼り終えるとこんな感じになります。
裏側です。巻き込み部分もしっかりと接着させましょう!
ツイーターが入るところをカットします。
カットしたら、ツイーターを取付けてます。
後は車両に取付けて完成!


やっぱ大満足v( ̄ー ̄)v
拡大画面


ほんとうに

やっと出来た(ノ_-;)ハア…

っていう感じのほうが大きいかな?
出来は・・・こんなもんでしょうwwwwwww


フレームが表示されない場合は、こちら

Copyright (c) DEMIO-ZOOM-ZOOM All rights reserved.