自作検電テスター


電装関係を弄る人であれば必ず持っているであろう「テスター」


自分も持っている(持っていた?)のですが、使い方を間違えてヒューズを飛ばしてしまいました(´・ω・`)
早い話買ってしまえばいいのですが、ついつい買いそびれていて、通電等の確認するときにはLEDとCRDをワニ口クリップで留めてその場しのぎで作業をしていました。

そんな時何気に「自分で作ればいんでない?」

さすがにメーター付は作れませんが、検電テスター程度であれば簡単に作れそうです。
参考までにエーモン検電テスター

部品は、ボールペン・安全ピン・3mmLED・定電流ダイオード10mA・整流ダイオード・被覆線・コード付ワニ口クリップで材料費は0円w


いきなりですが完成品(思いつきで作ったんでw)

安全ピンをカットして、線をハンダ付け。そのままでは付かないので針の根元をヤスリで削って足付けしました。
それから、定電流ダイオード、LED、整流ダイオード、ワニ口クリップの順番に取付。
ボールペンに横に穴を開けて線を通せば完成です!!!
多少アップ
ノック式ボールペンを利用したので、使わないときは収納される「安全かつ便利なテスター」ですw
針先を+(プラス)、ワニ口クリップを−(マイナス)につけるとLEDが点灯します。
一応100VまでOK
逆に付けると、もちろんLEDは点きません。
途中に9V電池を付けると、通電テスターにも早変わり。
便利っしょ?www


出来上がった瞬間、ついつい笑ってしまう様なDIYでしたが、なかなかの出来です。


工夫次第で何でも出来るってことだ!


フレームが表示されない場合は、こちら

Copyright (c) DEMIO-ZOOM-ZOOM All rights reserved.