ある日、フィ○トの某サイトで、メーターイルミネーションのLEDに青色に交換しているのを発見しました。
その時に、以前チャオデミのメンバーの方に「デミオのメーター照明はチップ型のLEDだ」と、教えて貰ったのを思い出しました。
早速、交換するべくチップ型のLED(品番)を何にするか調べましたが、よく判らず、フィ○トの某サイトを参考にスタンレーのUB1104Bに決めました。
あとは、それがどこにあるか調べ、一苦労でしたがやっとの事で探しあて、エリスショップという所で発注しました。
後日、品物が届き袋を開けてみた所、LEDのあまりの小ささに「こんなの半田付けできるのか?」と不安になりました。
とりあえず、やってみようと・・・


ノーマルのメーターです。
緑色のLEDが使われています。
それでは、LED交換に掛かります。

まず最初に、メーターフードを取ります。
メーターフードは、クリップで付いているだけなので引っ張れば取れます。
次に、メーターASSYのビスを3本外します。
ASSYに付いているカプラを2ヶ所外します。
外したメーターASSYです。
アクリルのカバーと裏側のカバーを丁寧に外します。
裏側です。真ん中に1本ビスが見えます。
各メーターのハリを外します。
メーターはかなり精密な機械なので慎重に!
フォークを2本使って、てこの原理で外します。
外れる瞬間は、結構勢いよく飛んでいきますw
参考までに、取り付けの際は針の位置を○の中の白い目印を参考に付けてください。
最初判らなかったので、マスキングテープで目印を付けてましたw
これは、水温計です。
こちらは、燃料計です。
メーターパネルを外すと、上の様な状態になります。
更に、クリップ止めされている白い部品を外します。
いよいよ、基盤が現れました。
丸で囲んでる部分が青色LEDに交換した部分です。(画像をクリックしてください)
まず、純正LEDを外す為に、ハンダ吸い取りワイヤーでハンダを取り除きます。
次に、LEDが仮留め用に赤い接着剤(?)で基盤に着いているので、慎重に外します。自分の場合はラジオペンチで・・・
外したら、今度は交換用のLEDを付けます。
冒頭にも書きましたが、小さいので無くさないようにして下さい。
予備半田をしてから、LEDを付けると簡単にハンダ付けできるので、参考にして下さい。
液晶部分はハンダででやりましたが、はっきり言ってお勧めしません!面倒です(;^_^A
基盤の裏側に液晶固定用の白い出っ張りがあるので、ニッパーで切るか、ハンダゴテで溶かすと、液晶の部分が持ち上がるので、この方が安全ですね。
メールで質問を受けるので、画像UPしました。
上で説明した安全な方法でやると、液晶部分はこんな感じになります。
持ち上げるのは、必要最低限にして下さい。
いきなりですが、完成です\(≧∇≦)/
作業中は没頭してたので、画像はありませんw


メーターイルミネーションのLED交換の代行いたします。

興味のある方は、一度ご覧下さい。

メーターイルミネーションLED交換


フレームが表示されない場合は、こちら

Copyright (c) DEMIO-ZOOM-ZOOM All rights reserved.