自作LEDポジションランプ


何故だろう、P○AAのLEDポジション球が壊れます。。。



そうなんです!何故か右側のLEDポジション球だけが良く壊れます(みなさんどうですか?)これは、車両側の配線に問題でもあるのかなぁ〜?交換する(買う)にしても
高いんです!!!そう何度も買っていると小遣いが〜www
で、車検時に純正ウェッジ球に交換してから放置していたんですが、
とあるDIYの作業中に
|-`).。oO(ついでにポジション球も作っちゃえば・・・・・)
幸いにもルームランプ作ったときのLEDも余っている、壊れたT10バルブもあるし、これはほとんどタダ同然で作れるんじゃね?( ̄ー ̄)ニヤリ
つーわけで、足りない部品は抵抗(270Ω@4円)だけなんで、パーツ屋さんにGO!!!


左から、
白色FluxLED:4個
抵抗270Ω1/2W:2個
整流ダイオード:1個
壊れたP○AAのLEDウェッジ球

FluxLEDと整流ダイオードはルームランプで使用したもの
今回はLED2個直列で電流は30mAなので、抵抗は270Ω
簡単な回路図です。
まずはLED同士を90°になるように足をカットした上でハンダ付けします。両面テープを利用すると固定しやすくなります。
残った足は両極とも片方は残し、片方はカットします。この時カットした足はショートしないようにヤスリなどで削っておいた方が良いでしょう。
+側の残した足は抵抗をハンダ付けする為に内側に向けて曲げます。
−側の足は整流ダイオードをつける為に外側に向けて曲げます。
抵抗を付けた状態です。
ちなみに、抵抗が付いているLEDが頭の部分になります。
今度はLED同士を60°になる様にハンダ付けします。
残った足は同じ様に両極とも片方は残し、片方はカットします。
+側の残した足は抵抗をハンダ付けする為に外側(上)に向けて曲げます。
−側の足は整流ダイオードをつける為に外側(上)に向けて曲げます。

このような感じで抵抗を付けます。
今度は先に作った2つのパーツを付けます。各々のパーツをハンダしますが、お互いの「LEDの−側の足」と「抵抗の+側」固定になります。固定し辛いので瞬間接着時でLED同士を固定してから、ハンダ付けすると良いと思います。
2液のエキポシ系接着剤でLED同士の固定及び絶縁処理をします。
凸レンズ部分には着けない様に!
壊れたウェッジ球の登場です。
リード線を伸ばせば、簡単に外れるので、先ほど作ったLEDと差し替えれば完成です。

あっ!ちなみに、ポジション球を入れる穴は直径16mmなので、あまり大きいもの作ると入りませんよ〜www
と、いうことで参考までに。。。
12Vで試験点灯!!!

w(★△★;)wおおっ!マブシイ!!!!!
雪の中交換してきたwww

左自作LED球、右純正球

まぁ、一目瞭然っすねヾ(=^▽^=)ノ
両方とも交換して完了!!!
ついでにUPで!!!


画像で見ると実感青く見えますが、実際は純白です。



そう、俺のように   
<( ̄^ ̄)>


今回は細かい作業が沢山あったので、疲れましたε=( ̄。 ̄;)フゥ
画像は2個目の物で、最初に作った方は・・・見るも無残だったりしますwww)

今度青のFluxLED手に入れたら、作り直そうかなぁ〜wwwww



えっ!とあるDIYは何かって?






( ̄ー ̄)ニヤリ


フレームが表示されない場合は、こちら

Copyright (c) DEMIO-ZOOM-ZOOM All rights reserved.